ソーラー発電 概要

ここでは、ソーラーパネルで発電した電気を利用するシステムを、いくつかの例をあげて、簡単に説明します。

ソーラー発電として一般的なシステムは、[システム3]、[システム4] です。
使用される電気が直流(DC12VやDC24V)の場合は [システム3] のパターンになります。
家電品など、交流AC100Vの機器を使用したい場合は [システム4] になります。


システム1 パネル直で電気機器を動かす

  • ソーラーパネルと電気機器を直につなぐ一番単純なシステムです。当然ですが、光が当たっている時しか動きません。
  • 電気機器はDC(直流)で動くもので、パネルが発電する電圧に合ったものをつなぎます。
    自動車用のDC12Vで動く電気機器には12Vのパネル、DC6Vの機器なら6Vのパネルという具合です。
  • 光があたると動くオモチャなどのソーラーグッズもこのパターンです。
  • 使用例:
    • ラジオ、ラジカセなどにつないで。
    • 灌漑用ポンプ、散水システム、池などの浄水システム/流水仕掛け用ポンプ
    • モーターを用いたオモチャやオブジェ

システム2 バッテリーに蓄電

  • 発電した電気を、バッテリーや充電式電池にためるパターンです。
  • 夜など、発電していない時に、バッテリーから電気が逆流しないように、逆流防止ダイオードが必要です。
    逆流防止ダイオード内蔵パネルを選べば、ダイオードを追加する必要はありません。
  • 使用例:
    • 自動車や船のバッテリーあがり防止用
    • ソーラー電池充電器
    • 携帯電話の充電

システム3 コントローラを用いたシステム

  • 最も一般的なシステムです。
  • ソーラー独立電源とかベランダ発電と呼ばれるものはこれにあたります。
  • [システム1]と違い、昼夜問わず電気が使えます。
  • コントローラが充放電を制御し、バッテリの過充電/過放電を防止します。
    [システム2]では過充電/過放電の防止を人が計算して行うことになります。
  • 使用する電気機器の消費電力と使用する時間によって、パネル/バッテリ/コントローラの大きさを変えて対応します。消費電力と使用時間を減らすことで、システムコストを大幅に減らすことができます。

システム4 インバータでAC100Vも使用

  • [システム3]にインバータを追加した、AC(交流)100Vの家庭用電気製品が使用できるシステムです。
  • 家庭で使用される家電製品は交流100Vで稼動します。一方ソーラーやバッテリーの電気は直流です。インバータは直流の電気を交流に変換する装置です。
  • パネル/バッテリー/コントローラ同様、インバータも消費電力によって大きさ、コストが変わります。
  • [注意] インバータはバッテリーに接続します。インバータをコントローラに接続してはいけません!

システム5 系統連係システム

  • シャープ、京セラ、三洋などのCMで有名な、屋根に設置して、住宅で必要な電気の大部分をまかない、足りない分は電力会社から買い、逆に余った分は売電するシステムです。
    系統とは、電力会社の配電網のことで、これと連係するので「系統連係」システムと呼ばれます。
  • 系統連係システムにつきましては、信頼できる業者のご紹介が可能です。お気軽にお問い合わせください。
有限会社エフ・プランニング
〒194-0022
東京都町田市森野 4-7-21
Tel: 042-721-9651
Fax: 042-721-9652
info@f-plan.co.jp
ソーラー発電/独立電源
お気軽にご相談ください
ソーラー発電やってみたい!
電気機器をソーラーで動かしたい!
でもソーラーパネル以外に何が必要なの?
お気軽にご相談ください。
ソーラー独立電源教室
お小遣い程度で始められるソーラー独立電源。新しい趣味としてベランダやお庭で自然エネルギー発電やってみませんか? 必要なもの、安く始めるやり方、注意点等々レクチャーいたします。大人向け。
お気軽にご相談ください。
ソーラー工作教室
ミニソーラーパネルを使い、廃材(トイレットペーパーの芯など)を材料にした「ソーラー工作教室」承ります。小学生向け、親子参加等。
お気軽にご相談ください。