ソーラー・エントランス灯

東京都府中市にある生協に設置したソーラー発電による照明システムです。

昼間、ソーラーパネルで発電した電気をバッテリーに蓄電し、貯めた電力のみで、配送センターのエントランスに取り付けた蛍光灯を点灯します。

点灯時間はタイマーにより制御していますが、夕方から翌朝までの点灯が可能なスペックです。最長で15時間程度の点灯が可能。

主なスペック
ソーラーパネル:
 12V 3000mA 54W 単結晶×2枚 [計108W]
バッテリー:
 40Ah密閉型×2個
コントローラ:
 充放電制御
照明器具:
 20W蛍光灯
点灯時間:
 タイマー制御,最長15時間/日

100%自然エネルギー
この照明システムの電力は、ソーラーパネルからの電力のみで全てまかなわれます。商用電力など、他の電力を併用せず、100%自然エネルギーを利用するシステムです。

「夕方から翌朝まで」
このシステムは、夕方から翌朝まで点灯させたいというご希望があったため、合計108Wという大きなパネルが必要になりました。
点灯時間を、日没から8時間とか4時間のみという短い時間に絞れば、システム規模(コスト)を小さく抑えることができます。


<お気軽にご相談ください>
このようなソーラー独立電源システムの設計から部品調達、施工に関することまで、お気軽にご相談ください。ご要望に合った適切なシステムをご提案させていただきます。

このページのトップへ